2015年8月12日水曜日

【タタール語】第4課 人称代名詞、指示詞

第4課 人称代名詞、指示詞
人称代名詞

 単数
 複数
1人称
 мин
 без
2人称
 син
 сез
3人称
 ул
 алар


синは、家族や友人、目下の人に対して「君、お前」の意味で使われる。сезは、複数の相手に対してだけでなく、初対面の人や目上の人などに対して「あなた」の意味で使われる。

人称の付属語
主語の人称に応じて、述語に人称の付属語が付くことがある。タタール語では強調する場合などを除き、普通は省略される。


単数
複数
1人称
-мын / -мен  
-быз / -без
2人称
-сың / -сең
-сыз / -сез
3人称
-
-лар / -ләр

Мин ― Искәндәр.                   私はイスケンデル(男性名)です。
Без татар түгел.                       私たちはタタール人ではありません。
Син укучымы?                         君は生徒かい?
Мин бик шат(мын).             私はとてもうれしいです。

<練習>
1)日本語に訳す。
1.Сез тәрҗемәчеме?
2.Мин япон түгел.
3.Ул ― президент.

2)タタール語の文を作る。
1.あなたはタタール人ですか?
2.私たちは教師です。

指示詞
タタール語の主な指示詞として以下のものがある。名詞的・形容詞的に使われる。
бу         これ、この
шул      それ、その
ул         あれ、あの

この他にもтегеなどがある。指示詞は話者や聞き手からの距離だけでなく、見えているかどうか、既知のものかどうかなどによっても使い分けがある。

Бу ― өстәл.                         これは机です。
Бу өстәл кыйбат.                 この机は(値段が)高いです。

<練習>
日本語に訳す。
1.Бу ризык тәмлеме?
2.Бу китап кызык түгел.



ブログランキングに参加中です。

どちらかのバナーをクリックして、私たちの応援をよろしくお願いいたします!
そのほか、素敵なロシア・中央アジア情報にも出会えるかも?


にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿