2015年8月22日土曜日

【タタール語】第15課 動詞の不定形

第15課 動詞の不定形
動詞の不定形
不定形は人称によって変化しない形で、いくつかの用法を持つ。この形が辞書で見出し語となっていることもある。

不定形の作り方
●第10課で学習した不確定未来形の形に-га/-гәを付ける。アクセントは-га/-гәに来る。
аша-               食べる                  ашарга
җибәр-           送る                     җибәрергә
тарт-              引く                 тартырга
түз-                耐える              түзәргә
ту- [туԝ-]       生まれる           туарга [туԝарға]
кил-               来る                     килергә

不定形の疑問・否定
●不定形の後に-мы/-меを付けると疑問文ができる。この形は、「~すべきか?」という意味になる。
Табибка шалтыратыргамы?                     医者に電話すべきですか?

●不定形の否定は、不確定未来形の否定形の形に-ка/-кәをつけて作られる。アクセントは-ка/-кәに来る。
Сиңа бүтән ашамаска кирәк.         君はもう食べてはいけません。

不定形の用法
●不定形+動詞で「~すること」という意味を表す。
Мин ашарга яратам.                                         私は食べることが好きです。

●疑問詞+不定形の疑問形で「~すべきか」という意味を表す。この文では主語は方向格になる。
Әйтергәме әйтмәскәме?                      言うべきか、言わないべきか。

●不定形+述語
Бу китапны укырга кирәк.                この本を読まなければならない。

●単独で義務・必然性・可能性、強い命令を表す。
СӨЯЛМӘСКӘ                                       寄りかかるな(メトロのドアの表示)

不定形を使った表現
不定詞を使った表現は数多くあるが、ここでは主なものだけを挙げる。
(主語‐方向格+)不定形+кирәк             「~しなければならない」
(主語‐主格+)不定形+тиеш                  「~しなければならない」
(主語‐主格+)不定形+мөмкин            「~することができる、~するかもしれない」

それぞれ最後に-мы/-меを付ければ疑問文に、түгелを付ければ否定文になる。

<練習>
1)日本語に訳す。
1.Аш пешерергәме, кер юаргамы?
2.Син нәрсә ашарга телисең?

2)タタール語の文を作る。
1.私はチャイが飲みたいです。
2.君はもっとたくさん野菜を食べなければなりません。


ブログランキングに参加中です。

どちらかのバナーをクリックして、私たちの応援をよろしくお願いいたします!
そのほか、素敵なロシア・中央アジア情報にも出会えるかも?

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿