2015年8月23日日曜日

【タタール語】第17課 副動詞

第17課 副動詞
副動詞は文の途中にあって、前の事柄を後の事柄につないでいく働きをする。タタール語には主に以下の副動詞がある。

副動詞-ып/-еп  「~して」
Президент белән күрешеп сөйләштем.      大統領と会って話しました。

副動詞-мыйча/-мичә   「~せずに」
Соңга калмыйча түләргә тиеш.                    遅れずに払わなければなりません。

副動詞-а/-ә       「~し、~しながら」      普通は二つ重ねて使われる。
Алар җырлый - җырлый эчәләр.                 彼らは歌いながら飲んでいる。

副動詞-гач/-гәч           「~したら、~すると、~すれば」
Укырга теләмәгәч, эшләрсең.                      勉強したくないなら働くんだ。

副動詞-ганчы/-гәнче   「~する前に、するまでに」
Үсемлек маенда әзер булганчы кыздырырга.    植物油で、できるまで揚げる。


<練習>
1)日本語に訳す。
1.Нигә өйдән ашамыйча чыктың?
2.Миңа карый-карый үтеп китте.

2)タタール語の文を作る。
1.君を見てうれしくなりました。
2.家に帰ったら寝ました。


ブログランキングに参加中です。

どちらかのバナーをクリックして、私たちの応援をよろしくお願いいたします!
そのほか、素敵なロシア・中央アジア情報にも出会えるかも?

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿