2015年8月16日日曜日

【タタール語】第8課 動詞の過去形、名詞の方向格

第8課 動詞の過去形、名詞の方向格
動詞の過去形
Айдар бүген дәрескә соңга калды.                     アイダル(男性名)は今日授業に遅れた。
Концерт сәгать җидедә башланды.                       コンサートは7時に始まった。

●過去形は比較的近い過去における動作の終了を表す。

過去形の作り方
●語幹の最後の音が母音または有声子音なら、語幹に-ды/-деを付ける。
аша-               ашады
яз-                  язды
өйрән-            өйрәнде
кил-                килде

●語幹の最後の音が無声子音なら、語幹に-ты/-теを付ける。
ач-                  ачты
тип-                типте
кайт-              кайтты
кит-                китте

●主語が一人称、二人称の時は過去形の後に人称接尾辞を付ける。
単数                     複数
一人称                                         
二人称                                          -гыз/-гез
三人称                  -                           (-лар/-ләр)

Мин күрдем.             Без күрдек.
Син күрдең.              Сез күрдегез.
Ул күрде.                  Алар күрде(ләр).

過去形の疑問・否定
●過去形の後に-мы/-меを付けると疑問文ができる。
Син аракы эчтеңме?            Сез чәкчәк ашадыгызмы?

●過去形の否定は、語幹に-мады/-мәдеをつけて作られる。アクセントは語幹の最後に来る。
Мин аракы эчмәдем.                       Син чәкчәк ашамадың.

<表現>
Мин киттем.             私はもう行きます。
Киттек.                     行きましょう。

<練習>
1)日本語に訳す。
1.Әти кайтты.
2.Без ресторанда өчпочмак ашадык.

2)タタール語の文を作る。
1.今日私は図書館で本を読みました。
2.昨日イスケンデルは学校に来なかった。

名詞の方向格
名詞の方向格は「~へ」「~に」の意味で、移動の方向や受け取り手を表す。

●名詞が母音または有声子音で終わる場合、-га/-гәを付ける。
даруханә                   даруханәгә                    薬局へ
урман                        урманга                       森へ
Япония                     Япониягә                       日本へ

●名詞が無声子音で終わる場合、-ка/-кәを付ける。
мәктәп                       мәктәпкә                   学校へ
супермаркет             супермаркетка          スーパーへ
тукталыш                  тукталышка               停留所へ

一人称・二人称単数の所有接尾辞で終わる場合、-а/-әを付ける。
авылым                     авылыма                   私の村へ
әтиең                         әтиеңә                       君のお父さんへ

三人称の所有接尾辞で終わる場合、-на/-нәを付ける
Бауман урамы           Бауман урамына       バウマン通りへ
аның әбисе               аның әбисенә            彼のおばあさんへ

注意
мин, син, улの方向格は例外的にмиңа, сиңа, аңаとなる。

●年齢の表現で、主語は方向格になる。
Миңа егерме ике яшь.                     私は22歳です。
Сиңа ничә яшь?                              君は何歳?

●次の動詞の使い方に注意。
кара-                  見る                     Ул тәрәзәгә карый.                  彼は窓を見ている。
ышан-            信じる                  Ул миңа ышанмады.               彼は私を信じなかった。
ярдәм ит-       手伝う                  Әнигә ярдәм иттем.             私はお母さんを手伝った。


оша-                  気に入る              Казан миңа ошый.                 私はカザンが気に入っている。

<練習>
1)日本語に訳す。
1.Бу автобус университетка барамы?
2.Авылыма кайттым.

2)タタール語の文を作る。
1.私たちは毎日学校に通います。
2.君はおじいさんを手伝った?



ブログランキングに参加中です。

どちらかのバナーをクリックして、私たちの応援をよろしくお願いいたします!
そのほか、素敵なロシア・中央アジア情報にも出会えるかも?


にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿